助産師の職業に就く魅力とは

最近では出産の形も多岐にわたり、病院などの医療施設での他にも自宅や助産院などでの出産も増えてきてるといいます。新しい生命誕生をサポートする助産師さんの仕事というのは、一体どのような魅力があるのか見ていくことにしましょう。

まずは、赤ちゃんを取り上げる瞬間に立ち会えるということでしょうか。お母さんのお腹の中から生まれ、健やかな泣き声をあげる赤ちゃんその場にいるみんなが目にしたとき、世界は幸福に満ち溢れます。新しい命を取り上げられる仕事ということが助産師という職業の一番の魅力なのかもしれません。

助産師さんは産科のお医者様と違い、陣痛が妊婦さんに訪れてから赤ちゃんが誕生するまでずっと妊婦さんの傍にいることが出来ます。

妊婦さんが一番苦しい陣痛時に寄り添っていることによって二人の間には強い絆が生まれますし、信頼関係を持って赤ちゃんの誕生をサポートできた時には、同性としても幸せを感じる事が出来るものです。赤ちゃんを産んだ後の女性はとても素晴らしい笑顔を見せてくれます。

いつでも赤ちゃんの声が響く産科は、病院施設の中でどんなときも賑やかでほっとする空間ですし、退院時のご家族の笑顔に送り出すほうも充実感を感じることでしょう。

また、自分らしい働き方ができることも、助産師の職業の魅力のひとつです。女性にしか就業できないのが助産師の仕事になりますが、女性にはいつか結婚をして家に入る時が来るかもしれません。

やがて子供が出来、育児に追われる日が来ることも考えられます。そのような忙しい時期に、総合病院などでフルタイムや夜勤などのきつい仕事を継続することが出来なくなるくるときも来るかもしれません。

助産師のケースでは、何年かきっちりと助産師の仕事を全うしていれば、ほとんどの場所で勤務する事が可能です。助産師を求める声は多いですし、資格を持っている人数は多くないために、働き口を見つけるのは大変なことではありません。

最後になりますが、助産師には開業権があるということも大きな魅力に挙げられます。看護師や保健師では開業権は認可されていませんが、医師や歯科医師と同様に助産師には開業権が与えられています。フリーの助産師として地域に根付き、母乳の指導や育児相談、新生児訪問などを行なうことも可能です。

テクニックを向上しお産をサポートする助産院を経営する事で、妊婦さん一人ひとりと丁寧に対応することも出来ます。医療施設だけではなく地域でも女性から信頼される職業が助産師となりますが、命に関わる責任の重い仕事ですので、いつでも自分の知識を掘り下げたり、技術を磨く事が重要です。

出産に立ち会うということは幸せなことばかりではなく、辛い経験をすることもあるかもしれません。ですが悲しい出来事があったとしても、これからお母さんになる女性の笑顔や、赤ちゃんの産声を聞くたびに前を向こうと心に誓うことの出来る、生命力に溢れた素晴らしい職業が助産師です。