助産師にぴったりの人とは

助産師という職業にぴったりの人はどのような人でしょうか。勿論子供のことを可愛いと思えたり、小さな命が生まれてくるサポートをしたいと思うことは必須条件です。ただし赤ちゃんや子供が可愛い、と思うだけでは助産師の職業に就くには難しいかもしれません。

人が生まれるということはとても厳かなことですし、感動に満ち溢れています。ですが命が生まれるときは100%と幸福なシーンだけかというと、残念ながらそういうことだけではないようです。

苦しいこともあったり、悲しいこともあったり、子供が好きという気持ちだけで乗り越えられるシーンばかりではありません。このような逆境の中でも、「生命の誕生」を見届けることのできる折れない心が大切になります。

また、強いメンタルだけではなく、体力も必要です。出産というのは赤ちゃんを生むお母さんは勿論、助産師にもスタミナが必要になって来ます。どんなタイミングでお産が始まるか誰にもわかりません。

どれくらい続くかもわからない陣痛の時間、苦しむお母さんを目の前に助産師は張り詰めた時間を一緒に過ごすことになります。

長い時間を必要とするお産へ付き添う事が重なることもありますし、決められた時間外の出産に立ち会うこともあるでしょう。お産が始まるのは朝や昼だけではありません。夜勤になることもありますし、スタミナ不足では助産師になるのはなかなか難しいことかもしれません。

強靭な精神力、タフな体力が必要とされる助産師ですが、後ひとつ大切なものが、「柔軟で暖かさを持つハート」となります。妊婦さんは病院に通ってきますが、妊娠するということは「病」ではなく、昔から長い間引き継がれてきた「命のバトンタッチ」という自然の行為です。

自然の現象に助産師が出来ることといえば、妊婦さんが赤ちゃんを安心して生む事が出来る環境づくりのお手伝いをすることです。

病ではありませんがお腹に赤ちゃんがいるお母さんは、赤ちゃんや妊婦さん自身の体について心配なことだらけと言えます。お母さんのー体には常にプレッシャーが掛かっていますし、妊娠している事が引き金になり不安定な体調になる女性も少なくありません。

そんな時に、彼女たちの話を聞き、優しくお腹に手を添えてほっとさせてあげられる事がどれだけ重要か…。妊婦さんの心配を軽減する事が助産師が必要とされる一番の役目だといえるでしょう。

そう考えると助産師さんにぴったりの人というのは、妊婦さんの話を温かく受け止め、気持ちに寄り添い、優しく不安をなくしてあげられる人なのかもしれませんね。助産師の夢をかなえる事が出来たのなら、ぜひいつまでも赤ちゃんと妊婦さんに思いやりをもって接してあげて下さい。